飲酒時代の悪癖

まだ飲酒していたときの事をふと振り返ると、

私の場合は、酩酊しすぎると、他者にむかって何かするというよりは、

自傷したり、自分を思い切り悪く言ったり思ったりして自暴自棄になるパターンが多かったように思います。

酔いつぶれると、付添ってくれた人に介抱されたりして、どのみち迷惑をかけることになり、

後々申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

ただ、今になって思い出だすと、飲酒時代は、まだ飲んでもいないシラフの時でも、

仕事などでひどい目にあって自宅に帰ってから、急に自分の頭とか腕とかを叩いたりボールペンなどでついたりして、

すごく自分を痛めつけて自暴自棄になり、当時はすごくつらかったです。

これがアルコールに一因があるのかどうかは素人なので分かりませんが、

断酒している今となっては、たとえ仕事などで嫌なことがあろうとも、

自分を痛めつけすぎるとかそういったことは一切ないので、

あくまでも私の考えにすぎないのですが、

アルコールをやめてよかったとしみじみ思います。