メモリ増設後

断酒は安定しています。

メモリ増設後、二度ほどクラッシュやフリーズがありました。

一度目はSafariで、キーボードが勝手に連打され、「ブブブブブ・・・」のような異常音が鳴り続け、強制終了するしかなく、二度目はSafariを開いただけでレインボーカーソルが出て、これまた切るしかなく・・

キーボードに関しては、充電がかなり少なかったので仕方がないと思いつつ、しばらくケーブルを繋ぎました。

メモリなのかハードなのか分からないものの、不具合に関しては増設前にもあり、その時は、「iosデバイスでの処理がまだ進行中のため、finderを完了できません」というメッセージが出て、システム終了ができませんでした。ユーザーを切り替えてなんとか終了できていました。

⌘+Dで診断して異常なしでした。

一応念のため、Catalinaを再インストールしました。

それからは大きな不具合は今のところありません。

細かいところでは、Wacomのタブレットが有線でもフリーズしたので、もう一度ドライバを入れ直して様子見です。

iMacのメモリ増設

断酒は安定しています。

OSがCatalinaになって、ふと思うところがあり、(勇気を出して)メモリを増設してみました。

カスタマイズ時点で(めんどくさいから多分増設しないだろうと思って)16GBにしており、不満はとくにはなかったのですが、やはりやってみたくなりました。

いろんな方のブログや動画を参考にして、やってみましたが、いざ実践してみると焦りました。

というのも、一度取り付けて電源ボタンをつけると真っ暗になってしまい。。。

待たなければならないことは予習済みでしたが、それにしても長いと思って、またつけるということをしてしまい。。

裏に回って耳をそばだてるとファンは回っていたので、(そのくらい静かでついているかどうかすら分からなかったです。)仕方なく長押しして強制的に切りました。

もう一度iMacを裏返してメモリが入っている蓋を開け、軽く力を入れて押し込んでみると、サクッという音がなったので、差込が足らなかったようでした。

最初につけた時もサクッと音がしたのですが、まだまだだったのかもしれません。

そして、電源を付けてみると待つことなくすぐに起動しました。

冷や汗ものでしたが、なんとかできてよかったです。

増設後は心なしか、どのアプリも動きがキビキビしたように思います。

 

掃除とGの関係(画像はないのでご安心ください)

断酒は安定しています。

実は、ここ1カ月くらい、掃除にはまっていて、一年前の今頃よりははるかにキレイになっているはずです。

それなのに、それなのにです。

出ました。Gが。

もともとトラップは仕掛けてあって、基本的には、そんなに掃除しすぎなくて、そこそこでも、ここ数年は見ていなかったのですが、去年の今頃より、はるかにキレイになったはずなのに、なぜ?と思い、結局ネットサーフィンしてしまいました。
(今までよりは短めですが・・)

ざっくりとサーフィンして、見ているうちに分からなくなってきたものの、(自分が勘違いしているかもですが)なるほどと思った内容は・・

1.もっと頑張れる。生命力

2.波動が低い(場所)

3.心の中とかのマイナスが表面化

2に関して、その場所は、唯一掃除が甘いエリアだったので、思い切ってGが出た次の日に徹底してやりました。

そこにGはいなかったので安心しました。

掃除で逆効果のような現象には一瞬ガッカリしましたが、掃除がより徹底できてよかったです。